忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2017.08.20 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

増毛方法あれこれ

2006.08.02 - 最近の増毛事情
今回は、最近の増毛について書いていきます。

育毛は時間のかかる作業で、
今まで不摂生をしていた人は修行のような苦痛を感じるかもしれません。
私は、育毛生活が後の人生の健康生活につながると思っているし、
育毛生活は習慣になっているので当たり前になっていますが、
仕事の関係上出来ない人や、
残念ながら好きに生活したいと思う人もいると思います。

また、いつ発毛するか分からない結果の見えない生活が辛い方、
急に人前に出る機会が近日中にあり、早急に髪の毛をなんとかしたい方、
様々な人や状況があるのは当たり前だと思います。

また、頭が薄くなる事で受けるダメージは体の負担より
その殆どが「薄毛を見られる事による精神的苦痛」です。
つまり見た目の問題なので、
「他人に分からず、10代の頃の髪の毛の様に見せる」事が出来れば
それで良いと言う割り切った考えもあると思います。

誰にも分からなければ、見られているストレスは感じなくなるわけですし。
そんな時増毛と言う手段は手っ取り早く何とかしてくれる手段です。

増毛と言えばカツラというイメージでしたが、
最近は増毛事情も随分変わってきました。

カツラにおいても、ただ被るだけでなく
固定方法にこだわって進化してきました。
しかし、どうしても全体を覆う事からくる蒸れ、
ちょっとしたズレからくる不自然さは永遠の課題です。

芸能人でも50歳辺りの人達でカツラを使用している人は結構いるようです。
加齢による薄毛(というよりもコシが弱くなる事)は最も自然の摂理ですが、
30後半~40台から髪型が変わらない人、
ボリュームの変わらない人は大抵カツラを使用しています。
誰がカツラを使っているのか、人の粗探しをしてる訳ではありません。
人に見られる仕事の芸能人ですから、若く見られたいのは当然だし、
カツラ職人以外の一般人に何年もテレビ越しに見られても気づかれないのは、
それだけ、カツラ(増毛技術)が進化していると言う事です。

最近は、直接貼り付ける方法が生まれ
大手育毛メーカーも直接貼り付ける方法を主流とするようになりました。
女の子が腕に貼り付けてグイグイ引っ張っているアレです。

これらの方法は、頭皮に直接貼り付けるのでカツラより自然である。
頭皮より薄いフィルムなのでカツラの永遠のテーマだった生え際を立たせる事が出来る
M字、頭頂部など、よりピンポイントに増毛が可能。
そして、自宅でメンテナンスが手軽に出来ると言う事です。

強烈な接着剤でちょっとやそっとの水ではビクともしないらしく、
一度貼り付けると2~3週間持続できるらしいです。

しかし、どうも大手ヘアサロンや育毛メーカーは
シャンプーや育毛剤と同じく製品に「ブランド料」を水増しする傾向にあるようで、
指導料込みで1セット○万円(部分による)→1ヶ月が10万円程度で
年間100万円を超える経費がかかるそうです。

30歳の人が70歳までつけるとすれば、
現在の価格で行けば40年で4000万円以上のコストがかかります。
このカツラの次に生まれた次世代の増毛ですが、
メンテナンスコストを聞いて二の足を踏む人が多いようです。

そこで、「自宅で出来る」がこのブログのキャッチフレーズなので
調べました所「あの増毛法が自宅で」という触れ込みで発見しました。
それが、こちらです。

次のセットを買うためにサロンへ行く必要もないし、
シャンプーや育毛剤をついでに買わされる事もありません。
1つのシートを自分の必要な形に切って(分割して)使うので、
浅いM字の部分の使用なら1セットの大きさから
5~6回使えると思います。とても経済的ですね。
薄毛の範囲により人によって様々ですが浅いM字の方であれば
1カ月のコストは、1万円切ってしまうのではないでしょうか。
一ヶ月のタバコ代の平均と同じですね。
タバコ吸っている方はタバコを良い機会なので辞めてみてはいかがでしょうか?

某メーカーの製品よりも更に薄い0.02mmと言うのも
より他人にばれ難いのでは無いのでしょうか。

慣れるまで、最初の内は多少技術がいるとは思いますが、
某メーカーの製品だって自宅で自分で行う事に変わりはありません。

通気性対策も万全に行っているとの事ですが、
カツラにおいては継続使用をすると蒸せてしまい、
薄毛、軟毛化が進むのが通例です。
使用後の自毛の状態や経過、その他気になる事があれば、
積極的に問い合わせてみて納得する事をしましょう。


次に比較的メジャーな薄毛隠し、見た目増毛の増毛スプレーです。
通称究極のハゲ隠し、またの名を「フリカケ」。
登場当初は、墨や油性マジックを吹きかける様なイメージがありましたが、
最近は相当進化している様で、対摩擦、耐水性は当たり前。
プールに入ってもシャンプーしても大丈夫なものもあると言うから驚きです。
↑の製品はこちら
最近は、アミノ酸配合で頭皮にむしろ優しくなっていたり、
使えば使うほど、髪の毛にボリュームが出てくる物などもあります。

また、最近は女性の薄毛が社会問題化しているので、
女性の為の増毛スプレーもあり、より肌(頭皮)に優しく
また、よりバレなくなる様に日々進化、改良されているようです。

一番メジャーな増毛スプレーは→こちら

調べた限りでの増毛スプレー最安値は→こちら

薬局等で恥ずかしくて買うのに躊躇する方等は、
ネット通販という手も現在はありますね。

以上が、カツラ以外の最近の増毛法あれこれでした。
では、次回は植毛について書きたいと思います。

PR
▼ バーコード
▼ おすすめ情報!!
▼ おすすめ情報 その2