忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2017.12.12 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脱毛、薄毛からの食事方法 ~その1~

2006.07.24 - 食事、サプリ編
では、今回からヘアケア第2章 ~食事、サプリ編~ に入ります。

食生活の欧米化に伴い、薄毛、脱毛者が急増しているとは、
某育毛メーカーの宣伝文句。

そして、某育毛サロンで髪の毛の増毛に成功した方の喜びの声に、
「食事とサプリメントを毎日コツコツ頑張りました。」と頻繁に見かけます。
と言う事は、ヘアエステのホームケアのプログラムに
食事改善が組み込まれている事が分かります。

つまり、髪の毛の育毛と食事の改善は密接な関係があり、必須なのです。
では、これから髪の毛に良い食事について書いて行きたいと思います。

髪の毛の毛根部への栄養は、血液が運んでくれます。
と言う事は、血液がサラサラであれば効率良く髪の毛に栄養が運ばれます。

と言う事は、血液をサラサラにする食品を食べれば良いわけです。
血液をサラサラにし、血行を良くする食品とはアルカリ性食品です。

アルカリ性食品の代表的な食品は、緑黄色野菜です。つまり野菜。

バランスの良い食生活を送るには、毎日30品目の食材に
20種類の野菜を取る事が必要と言われています。
最近では健康ブームもあり、飲料メーカーがこぞって野菜ジュースを出しています。
20種類の野菜100%とか、15種類の野菜+5種類の果物とか。
毎日野菜ジュースを飲む、それだけで髪の毛に与える影響は好転していきます。
リーブ21がエステ内での施術終了後に青汁をコップ一杯出すことは有名ですね。

では、逆に髪の毛に悪い食品は酸性の食品になります。
酸性の食品は、言うなれば体に付着すると言えます。
血液の流れを悪くするだけでなく、皮脂腺からでる脂が過剰にもなります。
男性型脱毛では、必要以上に頭皮から出ている脂を取り除く必要があるのに、
過剰に脂を生産する酸性食品・・・育毛に悪いのは明白です。
また、酸性食品は老化の原因にもなります。

では、酸性食品とはどんなものがあるのでしょうか?
豚肉と牛肉は酸性食品の代表選手。
卵の黄身、マグロにタコも酸性食品、脂がのってます。
食物ではナッツ類、麦は酸性です。そして、お酒。

アルカリ性の野菜中心の食生活を送り酸性食品に気をつけると言う事は、
抗酸化作用の高い食品を採るという事です。
活性酸素の除去に対し強力な働きがあり、癌に対する免疫力も高まります。

次に体にとって刺激物も髪の毛によくありません。
コーヒーや炭酸飲料。
合成着色料、食品添加物も髪の毛に悪いですね。
お菓子(特に洋菓子、スナック)も合成着色料に、油が満載。
クッキーもポテチも、揚げ物系お菓子も当然髪にはよくありません。

という訳で、大量の油で、保存料等の添加物、そして刺激物の調味料と
髪に悪い3種の神器を備えたカップ麺は気をつけましょう。

そう言った意味でコンビニ弁当は髪の毛にあまり良くありません。
例えばハンバーグ弁当・・・ご飯と、大きなハンバーグそして、
端のほうに、申し訳無さそうにお新香。あれ?野菜は?
これでは、酸性の食べ物しかありません。皮脂分泌過剰一直線。
さらに、保存料に着色料、添加物が付着されています。

ちなみに、コンビニ弁当で保存料をいち早く使わなくなったのは、
セブンイレブンとファミリーマートです。覚えておいて損は無いでしょう。

独身男性の増加→コンビニの普及+欧米食化(肉食中心)が
皮脂分泌異常を起こし、近年の男性型脱毛の増加につながっている事は
容易に想像できる訳ですね。

対策としては・・・
時間があるときは、積極的にデパートやスーパーのお惣菜コーナーで、野菜中心に買う。
時間が無くてコンビニ弁当の時は弁当+野菜ジュースや野菜サラダを買う。
野菜ジュースは、冷蔵庫に常に入っているようにする。

では、今回書き入れなかった事について次回、食事編の補足として、
書いて行きたいと思います。

PR
▼ バーコード
▼ おすすめ情報!!
▼ おすすめ情報 その2