忍者ブログ

[PR]

2017.09.23 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

育毛剤あれこれ ~その3~その他

2006.08.01 - 育毛剤の種類
今回は、前回のおまけといたしまして、
自宅で作るヘアケアと育毛剤以外のヘアケアについて
書いていきたいと思います。

緑茶すすぎ
緑茶の成分に男性ホルモンの抑制作用が含まれている事を利用して、
洗面器に濃い緑茶を作り、その中に頭を突っ込んですすぐ方法。
すすぎ終わったら、お湯と水ですすぎましょう。

塩シャンプー
天然の塩をお湯で溶かし、そのお湯を指先に付けて
揉み解しながら頭をマッサージする方法。
塩サウナで塩を皮膚に擦り付けて老廃物を取り除く事から来たと思います。
注意する事は、塩をよく溶かして行わないと逆に頭皮を傷つける事に
なってしまう事です。逆効果にならないように気をつけて下さい。

前項でも書きましたが、正式な方法を書いていますが
これら天然の成分でヘアケアを行う場合は自己責任でお願いします。

とにかく、脱毛、薄毛を自覚してしまった初期は、
ショックで軽い混乱状態(パニック)になる場合が多く
全ての育毛を何でもかんでも行いがちです。
まずは、AGAの病院等でヘアチェックを行い、
自分の脱毛の状態をしっかり把握、理解する事から始めて下さい。
次に出来る事、自分に合った育毛方法を選択し実行して下さい。
そして、1番はストレスを溜めない(溜め込まない)意識を持って生活して下さい。


次に、育毛剤以外の有名なヘアケア用品を紹介します。

ホホバオイル
カリフォルニア、メキシコの乾燥地帯の樹木、ホホバの種子から取れるオイル。
皮膚に対する浸透効果に優れ、酸化しにくく、不乾性。
化粧品の成分としても数多く使われています。
頭皮の皮脂をシャンプーで取り除いても、体には調節機能があり
皮脂が無いと分かるとまた分泌されてしまいます。
それを、防ぐ為には始めから頭皮にオイルを塗っておけば良いと言う
考えで、毛根にダメージを与えない、100%植物性の油であり
ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富なホホバオイルが有名になりました。
つまり皮脂の分泌過剰を抑える物ですが、育毛剤としている物もあります。
しかし、皮脂の分泌過剰は、食生活や運動不足など生活の改善が
根本的な改善方法だと言う事を忘れてはいけません。
頭皮にダメージを与えない、ヘアワックスとしても利用されています。
ホホバオイルを販売しているのは→こちら

バイオリセット
SB菌と言う、高い皮脂分解能力を持つ菌を頭皮に噴射する事で、
頭皮の皮脂分泌過剰を抑える商品。
脂を除去するのではなく分解(食べる)ので効果はずっと持続する。
また、水溶性なので脂がなくなった後、
乾燥することなく保湿も保たれると言う事です。
バイオリセットの最新商品は→こちら

では、育毛剤、育毛に良いヘアケア製品については今回で終了です。
次回から、皆さんの一番気になる「発毛剤」について書いていきます。

PR

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ バーコード
▼ おすすめ情報!!
▼ おすすめ情報 その2