忍者ブログ

[PR]

2017.09.23 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悪質なヘアエステ、ヘアサロンの勧誘手口

2006.08.02 - 未選択
今回は、様々な増毛製品に移る前にコラムとして
「悪質なヘアエステ、ヘアサロンの勧誘手口」を簡単に書きます。

ヘアエステの平均的なプランは、年間約150万円です。

内訳はサロンでの施術が10000円~15000円
を週1回~2回で年間80万~100万円

シャンプーが1ヶ月5000円 で年間6万円
リンスが  1ヶ月5000円 で年間6万円
育毛剤が  1ヶ月20000円で年間24万円

他に各サロン特有の様々な治療器が20万~30万円となります。

これは、別に悪質な所だろうが、悪質でない所だろうが
年間の平均プランではこれ位サロンではかかると思って下さい。

本人が価格に見合っていると納得して契約にサインするなら、
150万が業界の相場ならそう言う物なのかも知れません。
私の思う悪質なヘアエステとは、値段そのものではなく
「値段を聞いて躊躇している人に対する強引な勧誘」だと思うのです。

そこで、悪質なヘアエステの強引な勧誘とはどういう物か
書いていきたいと思います。

相手も営業(仕事)だから必死なのは分かりますが、
度を越えて押し付けられると嫌な気持ちしか残りませんよね。

また、悪質なヘアエステに限らず、その他エステ様々な訪問販売、宗教等
強引な営業には共通点があるので参考にして下さい。

その1、恐怖を煽る
「あんた、○○しないと50までに死ぬわよ!」
某有名占い師がよく言うセリフです。
これは、自分の嫌な所をズバッと付かれる点で、心理学的にも効果が認められています。
「○○さん、施術をしないと秋には髪の毛無くなってますよ。」
男性型脱毛症の場合、進行は徐々に進むので秋に無くなっている事はありません。
数年後は大変と言えばまだ、真実味はあるのですが
相手は今すぐ契約を取りたいので、「2~3ヵ月後」にハゲると
大幅に話を誇張して、恐怖を煽った後「今すぐ施術すれば助かります」
とまるで救世主かの様な心理展開に持ち込みます。

今にも無くなるかのような発言をするエステは注意しましょう。

2、悩みを共にする仲間が沢山いる
「エステ代をバイトして毎月作っている人も沢山いますよ」
「エステ代を親から出して貰っている人も沢山いますよ」
お金がありません、と言う事はエステには通用ません。
自分に無くても、自分の周りを掘り探っていけば、
貸してくれる人、出してくれる人が出てくるからです。
そこのお客の金脈を、見つけると
「エステ代を○○して作っている人皆さんいますよ。」
と集団の安心心理(自分のしてる事は大きな金額だけど特別じゃないんだ)
を利用して、契約にこぎつけ様とします。

おかしな事でも「皆さん○○してお金作ってますよ」は気をつけましょう。

3、帰さない
首を頑として縦に振らないでいると、
半ギレになる。
お金を出してくれる人(親、妻)等に電話をその場でしろと言う。
段々安いプランが出てくる。
(だったら最初から・・・無理か、高くて長期の契約させたいんだから)

パターンは様々ですが、最初から
断るつもり(契約しないつもり)で来て30分越えたら、要注意です。

後、恐怖に煽られない為の常識として、
相手は、ポジティブな事(まだまだ大丈夫ですよ等)は一切言いません。

お試しが2回、3回とあるのは、徐々に悪く見せる為の演出です。
最初 →シャンプー後の抜け毛(50本)
2回目→シャンプー後の抜け毛(100本)

「かなり悪くなってますよ、今すぐ施術された方が良いです。」
同じ事をしてる様で、力の加減が強くなっている場合があります。

「薄毛を回復するには施術しかありません」ととにかく言う。

とにかく、男性型脱毛症は1週間で急激に進行するものではありません。
気丈に、相手の言う事は3割位に聞く事が大事です。

契約しても、納得出来なかったらクーリングオフを利用しましょう。

勿論、契約後も1年で終了と言う訳ではなく、
契約の終了1ヶ月前から更新の勧誘が始まります。
「まだ、完璧ではありません。」

エステに通う、自宅で行うに限らず一度男性型脱毛症を発症したら、
回復はあっても育毛に終わり(完璧)は無いと覚えておきましょう。

勘違いがあっては困るので断っておきますが、真摯に一人一人を親身になって
一生懸命に契約してくれた方の髪の毛を、フサフサにしようと言う
優良な「ヘアエステ、ヘアサロン」も勿論あると思います。
全てが強引、悪質な所では無いと思います。
ただ、人間は恐怖に弱くそこに付け込んで一儲けしようと言う所も
依然多く、「玉石混合」状態だと言う事を言いたいのです。

悪質なエステに引っかからない、騙されない為に
上記のパターンを覚えて契約の場で自分を見なわない様にして下さいね。

後、最悪なのが「色目を使う」パターン。様々な勧誘で見受けられます。
この場合も恐怖とは違った意味で自分を見失ってしまうので、厳重注意!

では、次回から「様々な増毛」の話を書いていきます。

PR

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ バーコード
▼ おすすめ情報!!
▼ おすすめ情報 その2