忍者ブログ

[PR]

2017.09.23 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

髪に良い生活 ~その10~

2006.07.29 - 生活編
今回で髪に良い生活の最終回です。

育毛における一日の流れをまとめておきました。

朝7時起床・・・頭皮マッサージ、ストレッチ、腹式呼吸
朝8時   ・・・朝食、玄米フレークと野菜ジュースもしくは和食
通勤    ・・・歩く事や自転車など自分自身が体を動かす事を意識
仕事中   ・・・休憩時間に頭皮マッサージ
昼休憩   ・・・脂っこい物を避け、野菜中心の料理、頭皮マッサージ
仕事中   ・・・休憩時間に頭皮マッサージ、緑茶で眠気覚まし
帰宅    ・・・体操、散歩、ジョギング、ジムワーク等
晩御飯   ・・・和食(青魚)ほうれん草、豆腐料理など
夜11時  ・・・お風呂、しっかりしたシャンプーとすすぎ、半身浴
夜0時   ・・・までに育毛剤塗布、サプリメント、就寝

以上が理想的な1日の流れです。
注意点としては、3時間おきの頭皮マッサージですね。癖にしましょう。
夜寝るのは、出来る時はもっと早くても良いです。

飲み会など、予定が狂う事も度々あるし
仕事によって、生活リズムは全く違う事になります。
完璧に行おうと固く考えて、返ってストレスを溜めないように、
臨機応変にあくまで目標として出来る事から始めてください。

また、神経質な人や完璧主義者の方、
若くして薄毛になり、常に見た目が気が気じゃない人に多いのですが、
これらの育毛に良い生活をしても、
自らの髪に対する神経質さやストレスによって、
身体的に髪に良い事(生活)を完璧に近い位送っているにも関わらず、
自らの内面的な状態が悪い為に殆ど、もしくは全く効果の無い方もいます。
そして、育毛生活を無駄だと止めて行き着く所まで行ってしまう。
前項3回に渡って書きましたが、ストレスは想像以上に髪に悪影響です。
生活(外的要因)を見直すのと同じ位、自分の性格(内的要因)が
育毛の妨げになってないか、見直し振り返って見る事も必要だと思います。
どちらか一方だけでなく、両方とも育毛には大事です。
どちらが欠けても育毛効果、育毛生活は不十分な物になってしまします。

自分自身の経験ですが(個人差や程度の違いはあると思います)、
頭皮マッサージをまめに行いだして2週間で、
明らかに頭皮が柔らかくなったと実感できました。
食生活を抗酸化、アルカリ性中心に意識して取り組んだ結果
2ヶ月で肌のベタツキが減り、3ヶ月で明らかにサラサラになりました。
参考にして下さい。
そして、3ヶ月目で気づきました(いつからか分かりません)が、
髪の毛の伸びるスピードが明らかに早くなりました。

また、このブログを書くに辺り、
色々な髪に良い事や髪が実際に生えてくる様々な例を調べ、
髪が生える事は難しい事では無い事が知る事が出来、
髪に対するストレスは日を負う毎に軽くなりました。
脱毛、薄毛を発見してしまった皆さんが、
まるで、不治の病にかかってしまったかの如く思っているなら、
私のブログで発毛や育毛は難しい事ではないと思えるようになり、
私と同じ様に、髪に対するストレスを軽くしてもらえたら本望です。

体重が増えたり、痩せたりするのと同じ様に肌の脂の量も変わります。
継続する事で体に良い変化は本当に目に見えて起こります。
そして、それが起こる事で嬉しく思い、継続する意思が起こります。
好循環ですね。まずは体の育毛環境を作り始めましょう。

脱毛は自分自身の問題です。
あいつは、俺と同じ様にタバコもお酒も毎日飲んでるのに、とか
あいつは、ラーメンが大好きで昼は毎日カップラーメンなのに、とか
なんで、パチンコ屋に毎日いるおっさんにフサフサの人間がいるんだ?
なんで、俺だけ薄毛になっているんだ!?
他人と比較してもいけないし、しょうがありません。無意味です。
気持ちは分かりますけどね。無駄にストレスを溜めているだけです。

その人は家庭では、タバコが吸えない環境なのかもしれないし、
飲みの日以外は、早寝しているのかもしれません。
同僚も、実は毎日運動しているのかもしれませんし、
実は育毛サロンに通っているのかもしれません。
そもそも、遺伝的にホルモンや脂の分泌量が丁度いいのかもしれません。
もしかしたら、とっくにカツラかもしれません、
最近は以前よりも遥かに自毛と見分けが付かない位かつらも高性能ですし。
他人の実生活や体質を100%知っている訳ではないのですから。

大事な現実は「あなたが薄毛に悩み育毛に取り組んでいる事」です。
そして、「継続する事です」
育毛を止めても薄毛、脱毛は緩やかに進行していくので1日ごとの
違いはそんなにありあません。しかし、数ヶ月、年単位で見ると
脱毛が進行している事が分かります。
特に初期に多いのですが、
薄毛や脱毛が変化が無いと育毛を辞めてしまう方がいます。
変化が無いのではなくて、脱毛の進行が止まっていたとしたら
非常にもったいないですし、進行が進み始めると余計酷く感じます。

育毛、発毛は、綱引きと似ています。
薄毛、脱毛の状態は相手にジリジリひっぱられているか、
薄毛が進行しているなら姿勢を崩され、ぐだぐだにひっぱられている状態です。
まず髪の毛の環境を整え、綱を引っ張る準備そして姿勢を作る。
そして、相手の勢いよりこちらの力(育毛)をつけて少しづつ引っ張る訳です。
それが、死ぬまで続きます。
当然、髪が生えてきたと油断する(育毛を怠る)と向こうは無尽蔵に
すぐに薄毛と脱毛は綱を引っ張ってこちらの体系を崩しにかかってきます。
育毛は継続、油断大敵、育毛に終わりは無いのです。
常に育毛と言う綱を引っ張る必要があるのです。

育毛の理想的な生活は「スローライフ」「スローフード」です。
育毛に良い事は、髪だけでなく心と体に良い事なのです。
そう言った意味では、髪の薄毛や脱毛は体が発する危険信号かもしれません。
継続していく事は、あなたが薄毛、脱毛以外の病気の予防にも繋がります。
死の瞬間まで成人病や更年期障害で怯えた生活を送るより、
健康で生き生きとした生活を送る事が幸せなのは言うまでもありません。
「育毛」を継続して行う事は決して無駄では無いのです。
そして、その様な生活が自然に行えるように、癖になるのが目標です。
意識せずに綱をひっぱっている状態なら、ノルマみたいにつらくは無いですからね。


では、今回で生活編は終了です。
次回から、育毛の為になる様々な話を書いていきます。
第1回は「育毛剤あれこれ」です。

PR

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ バーコード
▼ おすすめ情報!!
▼ おすすめ情報 その2