忍者ブログ

[PR]

2017.09.23 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毛根培養移植の現状 その1

2006.09.29 - 育毛の未来
先日 毛髪培養研究の第一線で研究、実験を開始されている。

Intercytex の現在までの研究成果が発表されました。

リンクを見ても何の事か分からないと思われますので、
順番に翻訳してみました。今回はその1回目です。
リンクサイトと一緒に読み進めて言って下さい。

September, 2006 以下の翻訳

Intercytex(ICX.L)は、美容外科的治療のためにヒト細胞を孤立させて、
培養して、移植するために登録商標のテクノロジーを使用する
研究で知られている新生のヘルスケア会社です。

研究製品の発表「TrichoCyte(ICX-TRC)」されて以来ずっと、
IntercytexはHairSiteで議論され話題になりました。
ICX-TRCは、髪再生の自家組織の細胞ベースの治療です。
この技術で、毛髪細胞を増やして頭皮に戻す真皮乳頭細胞は、
患者からとられる毛包サンプルから解剖されます。
細胞は、それから培養されて、独自技術の過程において増やされて、
その後患者の頭皮に独自の技術によって注入します。

臨床試験の第一段階は、2005年に完了されました。
以下の記事は、P・ケンプ博士(Intercytexの創設者兼Scientific総合チーフ)と、
HairSiteのインタビューに基づきます。
ICX-TRC裁判の第二段階が公式に始まり実行された最近の2006年9月は、
沢山インタビューがされました。
ケンプ博士は、このインタビューがHairSiteを訪れる人に
より良く彼らの研究の現状を理解するのに役立って、
いくつかから毛髪回復手順での
この進展を囲んでいる混乱(噂、俗説)を取り除くことを望みます。

ここに示される情報は、
デイビッドTse(HairSiteの創設者)とP・ケンプ博士の間の会話の本当の報告です。
HairSiteは、本稿に含まれるどんな不正確または誤説の全責任をとります。

Phase I - Background以下翻訳 
第一段階 - 背景

ICX-TRC実験の第一段階はボランティア(注射を管理するために治験生活)で
完全に毛髪の無い部分に集中し培養注射して評価するようになっていました、
そして、安全問題は理論と結びつきました。(安全は問題なしと結論)
第一段階の実験の主な目標達成のうちの1つは、
手順がテスト主題の間でどのタイプも明らかな発毛が分かる事でした。
第一段階は、2005年に終了しました。
注入方法に関してまだまだ実験を通じて多く学ぶ事があり、
この実験においての判定できる程度の必要量の一回分を注入ました。
既知の副作用、複雑化または逆反応(脱毛)が、実験では発見されませんでした。
実験は、Farjo ClinicのBessam Farjo博士の案内中で行われました。
「新しい髪誘導へのこのアプローチがステップ-変化を
男性型脱毛の将来の毛髪培養治療において代表して、
私はTrichoCyteが実験に参加される全てのボランティアで
安全であるとわかったことを喜びます。」と、Farjo博士が言いました。


Phase I – Test Site以下翻訳
第一段階 – 試験場(試験頭皮について)
合計7人のボランティアは段階I.のために参加されました。
そして、テストされた培養場所(頭皮)は大きさにおいて1平方cmでした。
各々のボランティアは、1平方cmの培養する場所で、
培養細胞の100の注入を受けました。
1つの注射する時間は、およそ5秒でした。
各々の注射は、約1ミクロリットルの培養細胞を注入しました


Phase I – Results以下翻訳
第一段階 – 結果
第一段階で登録された7人のモニターの間で、5人は髪の増加を報告しました。
ケンプ博士(彼自身テストモニターのうちの1人であること)は、
頭皮に100の培養注射の結果としておよそ66の新しい髪の発毛を報告しました。
髪再生の様々な程度は、改善を示した5人の参加者の間で観察されました。
ケンプ博士の結果は、5人の参加者の間の平均と考えられました。
実際に、ケンプ博士より毛髪の増加を報告したボランティアが、いました。
7人の参加者のうちの2人がなぜ少しの改善も示さなかったかは、分かっていません。
1つの仮説は、髪サイクル(休止期の毛髪を培養したから)のタイミングです。

テストの主な目的の観察される新しい髪の特徴について尋ねられるとき、
そして、彼らが美容的に許容できる髪に似ていたかどうかについては、
ケンプ博士はテスト域が大きさにおいてわずか1平方cmであったので、
この点についての結論を出すのはまだ早まっていると言いました。
また、ボランティアの頭皮を髪をカウントを容易にするために剃られたので、
ICX-TRCの実験によって発毛した髪の美学品質を評価することを難しくしました。
最終製品が「元の髪の毛」の品質に近く
美容的に許容できる結果を届けることを望まれます。
髪特徴のより決定的(培養毛の寿命等の)観察と証拠は、
第2段階の実験完了まで継続します。
また、第2段階の実験で髪特徴のより決定的な観察と証拠を行います。

もしかしたら、訳し間違いがあるかもしれませんが、
ほぼ、英文通りだと思います。

次のページで、残りのPhase Ⅱの翻訳に移ります。

PR

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ バーコード
▼ おすすめ情報!!
▼ おすすめ情報 その2