忍者ブログ

[PR]

2017.12.12 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毛根培養移植の現状 その4

2006.10.10 - 育毛の未来
今回は、私のブログのアクセスが、
育毛の翻訳を書いた頃から、急激にアクセスが上がったので、
皆さんのニーズが「再生医療」に向けられている事が分かりました。

以後も何かニュースがありましたら紹介します。
基本的に2006年の構図上英国が最前線で、
アメリカと日本が続く形ですので、
翻訳した形で紹介したいと思います。

※ネット新聞の記事等は著作権の関係がありますので、
私のブログでは、出所を明記したいと思います。

今回は、再生医療の主な研究機関です。

フェニックスバイオ
どうも、2004年から進展して無い気が・・・
今は、キメラマウスの卸しがメインの企業なのかな?

資生堂以下日本の企業

アデランスその1
アデランスその2
日本の企業で特に再生医療に力を入れているのがアデランスのようです。
以下で説明しているintercytex社の最初の販売権を持つのが、
Bosley社、そのBosley社の親会社がアデランスです。

Bosley社

A R I
アデランスは独自でもアメリカに研究機関があります。

intercytex
私が、前回までで翻訳したサイトです。2006年現在、
人体で治験している事から一番世間に公表している中で、
毛髪再生医療において進展しているようです。

リッツメディカル
日本で培養注射をボランティアを募って以前行っていました。
効果は公表していませんので、不明です。

こんなところです。

薄毛の進行と研究の進歩の感覚が合わず
待ちきれない方が多いようですが、一歩一歩前進している様です。
これで逆にストレスを溜めないように、気楽に待ちましょう。

PR

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ バーコード
▼ おすすめ情報!!
▼ おすすめ情報 その2