忍者ブログ

[PR]

2017.09.23 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毛根培養移植の現状 その3

2006.09.29 - 育毛の未来
前回の毛髪培養技術の第一線で研究している
Intercytex の最新実験報告の翻訳の続きです。 最後に自分なりにまとめたいと思います。

Traditional Hair Transplant Techniques,
  Minoxidil & Propeciaの以下翻訳

従来の毛髪移植技術、ミノキシジルとPropecia

ケンプ博士は、培養技術を市民が利用できるようになる瞬間、
ICX-TRCが従来の毛髪移植手順を完全に廃れるとは思っていません。
第一世代のICX-TRC(第二世代のICX-TRC)があります、
そして、第三世代のICX-TRCその他が時間が治っています。
毛髪移植には、ヘアライン設計のために始めに、
特に生え方をデザインする役割がまだあります。
しかし、各々の後続するICX-TRC毛髪培養理論が、
薬、植毛等より優位で完璧になって、
従来の毛髪移植手順を求める要求は減少するかもしれません。

また、毛髪移植のようなより「手術的な事」を考慮する前に、
髪を失い始めたより若い患者はICX-TRCの方を向くかもしれません。
ICX-TRCが髪損失の最初の合図と同時に十分に初期の患者に施されるならば、
ハゲの人の人生でその後、従来の毛髪移植手順の必要を全く除くかもしれません。

伝統的な毛髪移植の役割が時間とともに減少するかもしれないと思われる間、
ミノキシジルとプロペシアのような製品には、
ICX-TRCが一般大衆が利用できるようになるとき、
演ずる重要な役割(より効果的に発毛する役目)がまだあります。
これらの製品は、ICX-TRC誘導された髪の発達を補う重要な付属物です。


Intercytex & Bosley Distribution Agreement以下の翻訳
Intercytexとボズレー配布合意

2004に遡ってHairSiteの上で前に報告された
Intercytexとボズレーとの配布一致に関して、
ボズレーが第2段階試験終了後宣伝活動することができることが
「オプション」であるケンプ博士は、澄みました。
正式な協定が、適所に、ボズレーを
ICX-TRCの独占的な卸売業者にするという意味ではありません。
しかし、ボズレーは交渉するために、最初の権利を与えられます。


Cost & The Proprietary Culturing Processの翻訳
原価と登録商標の培養しているプロセス

コストがどのように結局決定されるかは、不明です。
「原価を議論することは、この点で早まっています」と、ケンプ博士が言います。
手順の最終的なコストは、たぶんIntercytexの間の共同の決定と
注射を管理しているクリニックです。
1つの注射を管理するためにかかるだけの時間、
細胞解剖と培養しているプロセスはとても面倒であり重要なステップです。
ケンプ博士によると、真皮乳頭細胞を解剖していて、
彼らを教化している非常に労働集約型の過程(手間隙かかる作業)です。
一般的に、培養細胞が注射の準備ができる前に、
生検法がとられるという時から最高2ヵ月かかります。
時間とともに、一般大衆のためにコストを抑えるために
解剖と培養しているプロセスを合理化する方法があることを望まれます


Rejuvenation vs Neogenesis
再発毛対新発毛

この種の細胞療法が既存の小胞を回復させるか、
新しいものをつくるかどうかの長年の問題について尋ねられるとき、
ケンプ博士は新しい髪がどのように作られるか理解することが
本当に彼らのゴールでないと言いました。
それは、非常によく両方ともの組合せでありえました。
知的な答えが熟慮されることができる前に、より徹底的な研究と研究は必要です。
この点で、Intercytexの主な焦点は、理論がテストの主題である
美容的に見分けが付かない事を確実とすることです。


Closing Comments
後書き

ケンプ博士は、細胞ベースの髪再生療法に関して、
HairSiteを訪問する人の強い関心に気づいています。
このサイトのインタビューは、訪問者にIntercytexの
研究の最近の成果のより事実の面を提供することを目的とします。
このインタビューにおいて与えられるスケジュールは、あくまで予想です。
訪問者は、科学研究の全ての面に不確実性あると認識して下さい。
本稿は、前向きの声明と情報も含みます。
このインタビューに含まれる何も、TrichoCyte(ICX-TRC)の
将来の発展に関する権威あるガイドとして解釈されません。


以上がサイト本文の要約でした。まとめると、

実験は1~3まで行われる
実験1は、7人に1cm2に100個培養細胞を注入し、5人に平均66本生えてきた。
実験2は、20人?20項目?の実験1の継続+薄毛の部分に900個培養細胞を注入し、
経過を見て効果を確かめる。結果は2007年上半期ごろ出るだろう。
実験3は、実験数を増やしそれまでの実験の問題解決を考える。期間は1年程度。
更に一般培養用機器の作成、認可の申請も行う。期間は1年から1年半かかるだろう。

その他、人体の安全性は確認された。
コスト(値段)は分からないが、手間のかかる作業である為、
更なる合理化を進めて行く必要がある。

2007年上半期に実験2が終了だから2007年下半期から実験3を開始して
1年後の2008年下半期に実験3が終了と考えられる。
認可が上手くいって1年~1年半ですから、2009年初頭に申請、2010年春に認可、
その後更なる合理化、改良、準備(整備)を経て実用化は早くて2011年ですかね。
外国で最初始まって、日本は2012年以降から開始かな?
もちろん「実験2以降が全て予定通り行ったとして」が大前提ですが・・・

分からないのは、耐久性です。クローンはオリジナルより弱いと言われ、
髪の耐用年数も気になる所ですが、
こればっかりは実験1の経過を見ていくしか無いですね。

インタビュー最後の後書きが何気に不安にさせてくれますが、
実験1で既に人間に培養毛って生えていたのですね(祝!)
韓国のクローン(ES)細胞見たいに捏造で無い事を祈ります。
後、費用安くしてね。とネットの世界の片隅でつぶやいてみる・・・
PR

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ バーコード
▼ おすすめ情報!!
▼ おすすめ情報 その2