忍者ブログ

[PR]

2017.12.12 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脱毛、薄毛からの食事方法 ~その2~

2006.07.24 - 食事、サプリ編
今回は、前回の補足を書いて行きたいと思います。

牛肉、豚肉について
牛肉、豚肉は酸性食品ですが、同時に髪の主成分であるタンパク質も豊富です。
脂身の少ない部位を食べる事や、しゃぶしゃぶ等で脂を浮かして食べると良いでしょう。

海藻類が髪の毛に良いといわれる事について
ワカメに代表される海藻類は、髪の毛を健やかに成長させるミネラルが豊富です。
また、フコイダン効果と言って、毛母細胞も活性化させる効果もあります。
しかし、ワカメを食べていたら良いと言う訳ではなく、バランスの良い食事が大事です。

食品の変化
牛乳は、弱アルカリ性です。しかし、チーズになると酸性です。
お酒、ビールは酸性です。しかし、ワインはアルカリ性です。

髪に良いタンパク質を取るには?
植物性タンパク質を取りましょう。植物性タンパク質が豊富なのは、
「大豆」です。大豆は畑の肉と言われプロテインの主原料でもあります。
居酒屋に同僚と行く事になった時は、「サラダ」と並んで大豆製品である
豆腐物を頼むと良いでしょう「冷奴」などベストチョイスですね。

体や髪に良いと言われる食品も、毎日同じ物を食べていても飽きてきますし、
バランス良く色々な物を食べる事が大事です。
でも、そんなに毎日献立を考えられないと言う方、もっともです。
弁当になれた独身男性なら、なおさらです。

ここで、ポイントをひとつ。
食堂に行く時に毎回同じ物を頼まない様にしましょう。
自分の好きなメニューがあるかと思います、
しかし好きな物ばっかり食べるのはよくありません。
お金払っているから、当然好きな物を食べたい気持ちは分かります。
しかし、髪には決して良くありません。勿論体そのものも良くないです。

実家の母親は毎日あなたがハンバーグが好きだからと言って、
毎日ハンバーグだったでしょうか?餃子の日もあれば、焼き魚の日もあった筈です。
母親が栄養のバランスを考え毎日違う料理を出してくれた様に、
あなた自身で毎回違う料理を食べるのです。
昨日はお好み焼きだったから、今日はカレーにしようとか。
そして、野菜サラダを一品付けるようにして下さい。

意識して違うメニューを、そして育毛のためにお金を払う意識を持ってください。
そうすれば、好きな食べ物以外にお金を払う事になっても勿体無い気持ちは無くなります。

自分でご飯を作ってみよう、妻にも協力してもらおうと言う意識の高い方は、
リーブ21のHPに毎日の髪の毛に良い献立が掲載されています。
リーブ21→髪にやさしいレシピと言う所です。
ヘアサロンの育毛について無料で見れる(参考に出来る)所は、見ておくと良いでしょう。

まとめ
・様々な食品(栄養)を、毎日満遍なく採る。
・アルカリ性の食べ物(野菜)を意識して採り、
 血液の流れをサラサラに、新陳代謝を活発にする。

人間の体とは不思議なもので体質と言うのは、食を含め生活次第で変化します。
ちなみに私は、スナック菓子を極力食べないようにしました。
勿論、意識したのはそれだけでは無いですが
日常で一番の変化は、毎日食べていたお菓子の禁止でした。
すると、3ヶ月位経った辺りでしょうか。
頭皮も含めすぐ脂っぽくなっていた肌が、
明らかにかなりの時間スベスベに保てる様になったのです。
脂っぽかった体質の変化を(皮脂の過剰分泌が減った事を)実感できた嬉しさと同時に、
お菓子に使われる油がどれだけのものか軽い恐怖を覚えました。

携帯電話をかけ終わった後の画面に頬の脂が付いている方、
男性なら脂がつくのは当たり前と思っていたら、大きな間違いかも。
人間の体って本当に良くも悪くも生活次第で変化するし、実感できます。

※後日の生活編で取り上げますが、3食しっかり採りましょう。
栄養が不足すると、人間の体は生きる事を最優先に栄養を運びます。
髪の毛が後回しになるのは、当然育毛によくありません。

では、~その3~では、育毛に良いサプリメントについて書きます。
PR

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ バーコード
▼ おすすめ情報!!
▼ おすすめ情報 その2