忍者ブログ

[PR]

2017.09.23 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脱毛、薄毛からのヘアケア方法 ~シャンプー編その4~

2006.07.20 - シャンプー編
今回は、シャンプー編の4回目になります。

今回は頭皮のマッサージです。
エステでは、「スチーム→シャンプー」の部分です。

エステでの2回目のシャンプーは、頭皮のマッサージが目的になります。
その為にシャンプーの前に頭皮にスチームを当て、
発汗と血行促進、そして毛穴を開かせて準備をする訳です。

でも、スチーム?頭皮に当てるスチームなんてないよ・・・
と言う家庭がほとんどだと思います。

が、

スチームより効果的に発汗と血行促進できる方法があります。
それが「半身浴」です。
半身浴は頭皮は勿論、体全体に高い発汗作用と血行促進をもたらします。
また、高いリラックス効果をもたらしてくれます。
スペースや環境の都合で頭しかスチームを当てられない
ヘアエステよりも半身浴の方が効果的と言えます。

その半身浴ですが、心臓より低い位置でお湯につかる事を指します。
もし、通常のお湯より少ない量でお風呂に入り、
足のひざが出るのが嫌な方は、通常のお湯の量を入れてお風呂につかる際に、
風呂桶を下にひくか、15cm程度の低い腰掛をお風呂に沈めて
その上に腰掛けると、足全体がお湯につかり丁度良い高さも確保出来ます。

半身浴の時間は20分程度です。お湯はやや高めに40℃以上を目安にして下さい。

数分すると、腕や頭皮にうっすらと汗が出てきます。
更に数分すると、腕は水玉のような汗が沢山出来ているでしょう。
その状態になると残りの時間は、頭皮のマッサージを行います。

頭皮のマッサージの仕方ですが、
左右のこめかみにそれぞれ親指をあてます。
生え際を残り8本の指の腹で押さえた状態で、上下に10回グリグリと揺すります。
次は8本の指で押えた位置から頭の天辺に向けて1cm上を押えて、同様に10回。
これを頭の天辺に到達するまで行います。
次は左右の側頭部から後頭部に向けて10回1cmづつ同様に行い、
左右の指が後頭部の中心で到達するまで。
次は左右の側頭部から頭の天辺に向けて10回1cmづつ同様に行い、
左右の指が頭の天辺の中心で到達するまで。

揉むのが、終了しましたら次は生え際を指で押さえてその状態で、
ぐっと天辺に向かい指を押し上げて行きます。
イメージは、押し上げる事によって毛穴の脂を押し出している様な感じです。
次は左右の側頭部から後頭部へ向けて同じ様に行い、お互いの指が当たるまで。
次は左右の側頭部から天辺へ向けて同じ様に行い、お互いの指が当たるまで。
側頭部から天辺の時は頭頂部でシワがよる事で漢字の川が出来ると良いです。

押し上げが終了しましたら、次はツボ押しです。
髪に良いとされるツボは肩から首に集中しているので、
首の後ろから肩にかけてを左右対称に1cmづつ押していきましょう。
最後に左右の耳から線を引き頭頂部の真ん中にあるグリの部分(百会)も
髪に良いツボとされており、最後に押します。

ちなみに百会のツボを強く押した感触で、頭皮の健康状態が分かります。
押した感触が気持ち言い方は・・・正常です。
押した感触が痛い方は   ・・・要注意です。
押した感触があまり無い方は・・・相当危ない状態です。

これで、頭皮のマッサージは終了です。
ここまでを20分、習慣付け出来るまで意識して行ってください。
注意する事は、指の腹で必ず行うことです。

このマッサージは頭皮の血行や緊張をほぐす意味で日常で行う事も重要です。
マッサージについては生活習慣編でも取り上げます。

では、シャンプー後のすすぎについて次回は書いていきます。
PR

TrackBack

TrackBackURL  :
▼ バーコード
▼ おすすめ情報!!
▼ おすすめ情報 その2